スポンサーサイト

静の時間

手頃な抹茶茶碗を買った。信楽焼と唐津焼の2つの茶碗。渋い色合いと、少しぼってりした形。この茶碗で抹茶を立てたときの想像をする。ほんの少し茶道を嗜んだことがある。今になってまた「あの時間」を過ごしたい気持ちになった。湯がたぎる音、炭のぱちぱちとした音、お茶の匂い、そしてなんとも言えないあの静かな時間。あれはまさに「静の時間」なのだと思う。特別な道具がなくても、どこに居ても茶は立てることができる。あわ...

Read More

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。