犬と猫と畑のある暮らし

It's my Wonderful World                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人達よ、いい加減目を覚ませ!

師走。

毎年のことながら、まさに駆け抜けるという感じ。


3月の大震災・原発事故で、私たちは「生き方」についてそれぞれが問われ、
現在では、方向転換(方向修正?)がせまられています。

それはもう、いっときの猶予もなくせまられていると言ってもいいでしょう。


色々な議論がされていますが、最優先事項で考えて欲しいことはひとつ。

子供を助けなければならない、ということです。


いつまで福島県や近隣地域の汚染地帯で子供に生活させ続けるつもりですか?

大人のみなさん、どうなんですか?

真剣に考えていますか?

あなたがたの満足を得るために、子供が犠牲になるのは構わないですか?

自分らは先に死ぬから、後のことはどうでもいいですか?

子供が病気になろうが、生態系が壊れようが、地球が滅亡しようが、
そんなことは自分の死んだ後の話だから、別にどうでもいいですか?
そんなことよりも、目の前の金の方が大事ですか?
立場を保持することの方が重要ですか?


すでに、子供の放射能障害は出てきていますよ。

おおっぴらに報道されていないだけで、確実に子供に被爆後の症状が出てます。

もう少ししたら、命を落としてしまう子供もでてきてしまうと思っています。

いいですか、

大人のみなさんが「死んだ後の話」だなんて呑気なことは言っていられないのです。

親が子の葬式を出す、そういう状況がくるということです。


なぜわかならないのか、本当に、それが私にはわかりません。


「復興」よりも「危険を回避」することの方が今は大事なのです。

無事に危険を回避することができたら、その時には復興について考えればいい。

ただそれだけのことなんですよ。


「復興」ばかりを掲げる人ほど現実を見ようとしていない。
そういう人は、いつまでも過去の理想を追い続けているだけです。

現実は違いますよ。

もうすでに、原子力発電所は爆発したのです。

広島原爆の何十倍もの核燃料をぶちまけたのですよ。



理想論ばかりを口にして、現実から目をそむけ続ける人には心底腹が立ちます。

政府も東電もメディアも信用できない、そんなこともうわかっているでしょう。

いい加減「騙されたふり」をするのもやめてもらえませんか。



とにかく、もう時間がないのです。

理想論者に付き合っている暇もありませんので、あしからず。




Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。