犬と猫と畑のある暮らし

It's my Wonderful World                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには仕事のことなどを

風流里という会社を経営してます。

風流里は「ふるさと」と読みます。

風の流れる里、です。

故郷の想いも込めています。


小さな小さな会社です。

そこで、「小規模多機能型居宅介護」の事業所を運営してます。

今、開設して4年目。

波乱万丈、何度も何度も、何度も修羅場がありました。

経営なんて勿論したことがなかったですし(看護師として病院勤務をしていた)、
なんの後ろ盾もなければ、お金もない。

そういうところから立ち上げ、スタートしました。


そして今、最高の財産を持ちました。

それは、素晴らしい利用者さんたちと、最高のスタッフたち。


私達の想いに賛同してくれ、貧乏にもめげず、苦労を共にしてきた。
なんでも買って解決などせずに、創意工夫、試行錯誤の事業所です。


北海道を開拓してきた、ものすごい根性の持ち主ばかりの利用者さんたちには
ただただ頭が上がりません。

震災があって原発事故が起きて、本当に大変な世の中だけど、
またここから立ち上がれる、あらためて「開拓」をしていける、
そう信じています。

理想はまだまだ膨らみ続けています。

夢は大きく膨らみます。

それを実現させていくつもり。

まだまだ、まだまだ、走り続けるよ!


農のある暮らしの中で、動物と人が共生し、北海道へ移住をしてきた人達も一緒に、
子供からお年寄りまで集い、新しい絆を生み、新しいコミュニティーを築き、
みんなが元気に暮らしていける、そんな暮らしを目指します。

介護は単なる介護じゃないんだよ。

個々に築いてきた暮らしがあり、個々の人生があり、夢がある。

「暮らし」そのものなんですよ。



私は、あきらめません。

風流里はあきらめません。




・・・・ただ、もうすぐ決算。これは頭が痛いのだ。本当に頭が痛い。










Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。