犬と猫と畑のある暮らし

It's my Wonderful World                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクの命

「あの日」を境に、苦しんでいるのは人間だけではありません。
 
動物たちは、誰もいなくなった場所で今も彷徨っているのです。

寂しさと餓えと寒さの中で。。。

このことを、人間は忘れてはいけないのです。

犯してしまった罪はとても重いのです。

取り返しのつかない罪なのです。


以下は 「社)UKC JAPAN アニマルレスキュー」さんのページより転用です。


♪ボクの命~20キロ圏内のペット達の想い~
作詞 タッズ母 作曲 絢音

星の数ほどのめぐりあいがある中
ボクはあなたと出会い
幸せに暮らした あの日々
今は 空を見上げ
薄れそうな あなたの匂いを思いだし
もう どれだけの 時間がすぎたのでしょうか
雪のちらつく まだ肌寒い あの季節から
ひまわりの花が ボクの隣でなぐさめてくれる
会いたい
あなたの声 どれだけ遠くの音をきいても 聞こえない
神様 ボクは なにもお願いなんか したことはありません
大好きな人の そばにいられたら それだけでいい
悲しくなんかない 辛くはない
ただ 会いたい
青い空を きれいな星空
あと どれだけ眺めれば あなたに会えますか
悲しくなんかない
辛くなんかない
だって 生きているから
あなたを 待つ事に ボクの命はあるのだから

暑い 夏に あなたと駆けた あの公園には もう誰もいない
秋の日に 栗の実を ひろいにくる人もいない
でも それでも あなたとボクの ふるさとだから
きっと きっと
あなたは 戻ってきてくれる
会いたい
あなたの 足下にうずくまる ボクを撫でていてくれた
あなたの手を ボクは間違えたりはしない
きっと きっと
あなたは ボクの名前を呼びながら かえってきてくるから
この地球上(ホシ)に ボクほどあなたを待っているものは いないから
ボクが 星になったら
きっと あなたは すぐに
見つけてくれると 信じています
さよならなんて言葉は ボクは知らない
あなたと 出会えて ありがとう



Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。