犬と猫と畑のある暮らし

It's my Wonderful World                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まもなく、日本中の原発が停止します。

いよいよ農作業も本格始動。

ますます忙しくなるだろうということが容易に想像できて、なんだかおかしい。

特に今年は、例年とは違う。

少しでも保存のきくものを作り、少しでも収量をあげて、それが自分だけでなく
誰かの役に立てること、そういう想いだ。

もちろん、自然が相手なので、そううまくはいかないだろうけど。。。


ともかく、やるべきことが山積みです。

「できるだろうか?」などと考えている時間も惜しい。

****************************


さて、本日、泊原発が停止しますね。

これで、日本中の原発が停止することになります。

別に嬉しいという感情はありません。

それが当たり前、ただそれだけです。

福島で起きたことが未だに収束していないどころか、多数の方が困窮していて、
これからの子供達の未来もどうなるかわからない、そういう状況なのですから。

再稼働の議論をすること自体がおかしいのです。

原発はやめる、いまある原発はすべて廃炉にする、それしかないと思います。

それでもなお、危険は続きます。

子供の世代、孫の世代、そのまたずっとずっと後まで、使用済み燃料の管理をしていくわけですよ。
大きな地震がくるたびに怯えながら、この先もずっといくわけです。

そして今もっとも懸念されることは、あのとき、福島原発が爆発を起こしたあのとき、
被曝をしてしまった人々がこれからどうなっていってしまうのか、ということ。
それから、今もなお、汚染地域に住み続けている子供達が、どれだけ生きられるのか。
さらには、全国に流通している汚染された食品によって、どれだけの人々が被曝による
健康被害がでるのか、また、瓦礫焼却による被害はどうなるのか、などなど、
考えるだけで気が滅入ることばかり。

でも、それらは目の前に立ちはだかっていることなのです。

どんなに目をそらしても、事実は事実としてそこにある、あり続ける。

目をそらせばそらしただけ、勿論、リスクは高まるのです。

それは、あなたにも、あなたの大切な人にも、あなたの愛する子供にも、です。

そのことをきちんと認識できる人、イメージができる人、そういう人とそうでない人で、
残念ながら「ふるいにかけられる」のだと思います。

ただそれだけのことです。


あなたは、どちらを選択しますか?

私は「生きる」選択をして欲しいと心から願っています。

あなたの中で答えが出せたら、あとは進むだけです。

前を向いて進むだけなのですよ。


あなたが歩くその先に、「光」は見えますか?

















Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  -
  • 管理人の承認後に表示されます
  • 2012.05.12 (Sat) 16:45 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。