犬と猫と畑のある暮らし

It's my Wonderful World                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月になりました。もうすぐ節目です。

福島第1原発が爆発して、もうすぐ2年になります。


放射能防御に関する様々なことをやってきました。

これからもそれは変わりません。

なぜなら、大切なものを守りたいから。ただそれだけ。


他に、理由なんてありますか?


それぞれが、それぞれに守るべきものを守る。

それしかないんです。


なまぬるい優しさも、薄っぺらな同情も、なんの役にも立ちません。

そんなものでは誰も救われませんから。


事実を知り、現実を受け入れ、それからようやく次に進めるのです。


ですが、そろそろ2年。

事実を知りたくない人は未だに目をそむけ、過去にしがみつき、

まるで「原発事故などなかった」かのように今まで通りの暮らしを続けている。


これはこれでひとつの現実。

私は、そう受け止めています。



はじめから言ってきたように、「自分で判断し自分で決断する」、これしかありません。

気が付けなかった人は、残念だけど、それがその人の生命力。

火事だって、気が付くのが遅れれば助かりません。

同じです。



生きている間にどこまでできて、どんな結果を見ることになるのか、それはわかりません。

とにかく、やれることをやり続ける、起きていることをしっかり見る、それに尽きます。



薄っぺらな優しさも、上辺だけの言葉も、キレイ事はすべて不要。

生きるか死ぬか。

そういう世界ですから。


もうすぐ2年。


ある意味、いろんな関係ともけじめをつける節目、ということです。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。