犬と猫と畑のある暮らし

It's my Wonderful World                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実はどこに

福島第1原発、レベル7.

一体どうなってるんだろ?

チェルノブイリより程度は軽いとか言っているけれど、
そういう問題でしょうか???


政府の報道、マスコミの報道、どこまでが真実を言っているのか、
もはやそれすらも信用ならない。
(そもそも信用していたわけではないんだけど)


今、日本で起こっていること、これからの日本のこと、
自分自身で真実を追究し、考えていかなければならないと思っている。


以下のサイトはとても参考になっています。


「書に触れ、街に出よう」





「ジャーナリスト 木下幸太のブログ」




*****************

今回の原発事故から、日本という国を、今までとは違った側面から
見るようになってきたのは間違いない。

これまでの歴史の中で、様々な失敗も重ねてきた日本だけれど、
それでも私は日本という国が好きだと思ったし、日本人に生まれたことを
誇りにも思ってきた。そして、もっともっとこの国のことを知ろうと思い、
あまり手にしないできた本を読んだりし始めたところだった。
その矢先の原発事故・・・

あの日からの1ヶ月は、なんというか、失望感(この表現しか浮かばない)に
押しつぶされそうな1ヶ月だったように思う。

テレビ報道は勿論、ネットでも、とにかく情報を探った。
「言葉の裏」に隠された真実や、表情までも読み取ろうと思った。

そして、それをすればするほど、失望していく自分がいた。

「あぁ、この国は滅びるのか」と。

私たちが選んできた政府とは、こんなにも堕落したものだったのか・・・


考えてみれば、自分の身の周りでも日常的にある光景かもしれない。
もはや、「志」なんていう言葉は死語なんだな、と思うことが多々あるのだ。


それでも、今この瞬間も、一生懸命生きようとしている被災者のこと、
それから鳥や動物や草花や木々のことを思うと、失望なんてしてはいられない、
ここで立ち止まっていてはいけないと思う。

国家の存続を揺るがすこの事態を、なんとかせねば、と。
もしかしたら、これが最後のチャンスなのかもしれない。
まだ間に合う、そう信じたい。




Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。