犬と猫と畑のある暮らし

It's my Wonderful World                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心のよりどころ

私の家から見える風景

CA3I0138.jpg

大雪山です。

犬達と散歩をしながらこの山を眺める。
この時の気分は本当に幸せそのものです。

自然は、時に人間に牙を向くけれど、人間の生活を支えてくれているのも事実。

もし、今私が「この場からすぐに逃げろ!」と言われ、まったく違う環境で
生活をすることになったとしたら・・・

現実にそういう方がたくさんいるのだ。

しかも、「放射能」という目には見えない敵から逃げるために、だ。


この「見えない敵」は、じわじわと、そして確実に襲ってきている。
政府の言葉で言うと、「ただちに健康に影響はない」かもしれないけれど、
ゆっくりと蝕んでいくのだ。

*************************

「癌になったらなったで仕方がない」と言う大人もいるかもしれない。

けれど、子供はどうだろう?
子供も大人と同じように思うだろうか?
自分で選択をすることができない子供達は、今でも被爆地帯で生活をし、
毎日学校へ通っているのだ。

年間20ミリシーベルトの被爆に関して様々な意見があるが、
少なくとも、これまで日本が安全としてきた基準は1ミリシーベルトだった。
これは間違いない。
それが今は20倍でも安全だと言う。

単純に考えてもおかしいと思いませんか?

もし本当に安全だと言うならば、そう言っている方はそこで生活してください。

校庭の土を削ったりひっくり返したり、なんだかすごくおかしくないですか?


工程表に大きな変化はないと発表されました。
けれど、まったく光が射してきません。
どうしてでしょう?

これから半年後、それから先のこと、どれだけの人が病に侵されるのか、
それを考えたら、とても光なんて射してきません。

今福島で起きていることは、決して福島だけのことではありません。
宮城でも岩手でも放射能に汚染された牧草や農作物が出てきてます。
関東ではほぼ全域で汚染が確認されています。
海はどうでしょう?

私達人間は、とんでもない間違いを犯してしまいました。

クリーンエネルギー???

これだけ自然や動物を犠牲にして?

牛や馬は殺処分です。

いいのでしょうか?


これ以上罪を犯すのやめなければ。

もう、すでに福島ではとりかえしのつかない事が起きてしまいました。
まだまだ希望の光も見えてこない状況です。

ですが、せめて、次の事故だけは防ぎたいのです。
もう、これ以上の悲しみは作りたくないのです。

個々にある「心のよりどころ」を奪うことはやめなければなりません。
小さな幸せを奪うこと、それは、あってはならないのです。











Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。