犬と猫と畑のある暮らし

It's my Wonderful World                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デマを振りまいているのは誰だ

放射能汚染の危険性について、日本中で様々な声があがっている。
不安と絶望と失望の入り混じった声だ。

それに対し、政府や東電、メディアが報道していることは
「ただちに健康に被害はない」
「放射能との因果関係はない」
「暫定基準値以内であれば食しても心配ない」
などと言った内容だ。

世界に前例のない大事故を起こして、その対処法を誰もがわからず
日々手探り状態で、それが今まさに現在進行形であるというのに、
何を根拠に「安心論」をばら撒いているのですか。
その行為こそがデマであり、その張本人は、不安の声をあげている
国民ではなく、政府や東電、メディアなのではないですか。

「安全神話」は崩された。
政府も東電も、原発を扱うすべての企業も、皆わかっているはずです。
それを今になってもデマをばら撒くとは一体どういうつもりなのか。

緊急時避難区域の解除もされました。
除染すら行っていない(そもそも完全な除染など出来るわけがないが)、
何もしていない地域に人々を帰そうとしている。

そこに戻るということがどういうことなのか、きちんと説明をしたのですか。
今後起こりうるすべてのリスクについてどれだけ丁寧に説明をしたのですか。

それらのことを承知の上で、最終的に個々が「帰る」という決断をしたというのなら
まだわかります。そういうこともなしに、なんの根拠もないところで人々を帰す、
その理由がさっぱりわかりません。

大丈夫だと確信を持って言えるのなら、政府や東電、その他関係者がまず
暮らしてください。あなたがたの愛する家族を連れて、そこで暮らせばいい。
身を持って安全を示してください。

適当な、その場しのぎの言葉を吐くな。
根拠のない「安全論」を流すな。

これ以上、デマを流すなと声を大にして言います。







Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。