犬と猫と畑のある暮らし

It's my Wonderful World                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな命も平等に尊い

DVC00078.jpg


命は皆平等に尊い。
どんな命も、その命をまっとうする権利があるのです。

ひたむきに生きようとしている命を奪いたくない。



放射能測定所を立ち上げ、人間が被曝することを少しでも防ぎたいと
活動していますが、同時に私は、動物の命もなんとか救いたいと思ってます。

福島に残された動物たち。

今まさにその命の灯が消えようとしています。

彼らには、なんの罪もありません。

「運命」と言ってしまうには、あまりにも悲しいのです。

これから冬に向かい、ますます厳しい状況が待っています。
寂しさと餓えと、恐怖感の中、まだ必死に生きている命を
どうにか救いたい。

命がけで活動をなさっているボランティアの方々には心から感謝します。


助けを求めているのは人間だけじゃない。
人間の子供だけじゃない。

社会が人間だけに目を向け、人間だけの救済を考えているのだとしたら
その先の発展はない、そう思っています。

少なくとも、私はそうありたくないと思う。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。